通勤手当の不正受給は会社にバレるの?メリットや注意点、バレない方法を解説

通勤手当の不正受給とは、自分の住所を偽って定期代交通費を会社から多く貰うことですが、結論から言うと、通勤手当の不正受給は絶対に会社にバレません。

 

私も以前の会社で実際に約4年間、この不正受給をしていましたが一度もバレることはありませんでした。

しかし実際に不正受給をしていて感じましたが、バレる可能性やリスクがあるのも事実。

 

今回は、実際の体験談を交えながらバレない方法や注意点を解説していきたいと思います。

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

 

目次

通勤手当の不正受給とは

通勤手当の不正受給とは、自宅から会社(職場)までの交通費を不正に受け取ることを指しますが、不正受給には様々なパターンがあります。

例えば、住民票を実家に残したまま会社に申告せずに職場の近くに引越し、実際の交通費よりも多くの通勤手当を受け取るパターンや、自宅から職場までの通勤を電車やバスなどの公共交通機関を利用しての通勤だと会社に申告しながら、実際は自転車などの交通費が発生しない手段で通勤するパターン、通勤経路を偽って手当を多めに受け取っているパターンなど、いろいろありますよね。

 

私が実際に不正受給していたパターン

私の場合、実家から通勤しているということで会社に申請し、通勤手当を実家から会社までの分を受給していたましたが、実際には会社から2駅の場所に住んでおり、通勤手当を多く受給していました。

実家から会社までの定期代は月2万円ほどでしたが、実際は月4,000円。

差額の16,000円が給料額にプラスされていることになります。


不正受給には様々なパターンがありますが、
今回は私が実際に経験していた住所を偽るパターンをベースで解説します。

他のパターンでも基本的に対策や注意点は同じです。

 

バレないようにする方法と理由

会社員が交通費の不正受給をしてもバレないようにする方法と理由については、noteで解説しました。

※当サイトがGoogleからペナルティを受ける可能性があるため

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

普段の一人暮らし生活で気づいた暮らしに役立つライフハック情報や、PCディスプレイやデスク環境の改善、便利アイテムや家具のレビューなどを発信しています。
普段の暮らしを少しでも快適にしていくために試行錯誤し、理想の生活を追求。
たまに一人旅やエンタメ系の記事も投稿します。

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

目次